ゼロエネルギーハウス ZEH


Future Housing Design

(Net)Zero Energy House -ゼロ・エネルギー・ハウス
Z E H


           

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。
住まいの断熱性能・省エネ性能を上げ、且つ太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。


​ポイント1 ・断熱

断熱性能を高め、エネルギーを無駄なく使える住宅を目指し、夏は涼しく冬は暖かい家を造ります。

ZEH基準に適応した構造躯体を採用します。

        

ポイント2 ・省エネ

家で消費する電力を抑えるため、省エネ性能の高い照明器具や空調機器、HEMSを導入し、消費電力の見える化を行います。

つくる、ためる、つかうを見える化し、ECOを意識した暮らしを実現。

        

ポイント3 ・創エネ

家での消費エネルギーよりも多くの電力を創り出せるように太陽光発電を導入し、自然エネルギーを最大限利用します。

太陽光発電など自然エネルギーを効率よく利用します。

        

Subsidy system 補助金制度

ZEH支援事業補助金について

本事業は、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指すべく、高断熱外皮、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅を新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付するものです。

専門アドバイザースタッフが、ご相談をお伺いいたします。
ご遠慮なくお気軽にご相談ください。

    

Future 【ZEH事業計画】

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。 上記の目標の達成に向け、平成28年度のZEH支援事業(補助金制度)においては、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を2020年までに50%以上とする目標を宣言・公表したハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等を「ZEHビルダー」として公募、登録し、屋号・目標値等の公表を行っています。 補助金を利用する場合には、ZEHビルダーとして登録されている業者で建築・改修を行ったうえで申請をすることが条件のひとつになっています。